お金儲け

いくらきれいごとを並べようと私たちが生活していくうえで、お金は必要なもの。

お金を稼ぐということそれ自体は当たり前に必要なことですね。

日本ではあまりお金儲けをすることを前面に出すと、金の亡者とか、守銭奴とか悪いイメージを持たれる傾向にあります。

salesもう一つ、お金儲けを前面に出す仕事は詐欺まがいではないかと疑いを持つ人が多いということもあります。

短期間でお金を得た人を見ると、人をだます詐欺まがいのことをしているのでは、、、という目で見られるわけですね。

あの人はお金持ちなんだと思う反面、嫉妬心から悪いことをしているのではないのかなどとと懐疑的にみられるわけです。

正直、びっくりするようなうまい話というのは全くないわけではないでしょうが、そのあたりにごろごろと転がっている話でもないでしょう。

職業的にも、教職、医療関係者などは特にお金儲けを前面に出すと、悪い風評が立ってしまいます。

 

でも、なぜ職業として医者を目指すとというと、「病気の人を救う」という理想だけでなくその仕事によって得られる収入が平均的に高額だからということも考えられます。

医療も、教育も人のために働き、収入が得られる仕事としては非常に満足度の高い仕事と言えるのではないでしょうか。

私の知っている2人の鍼灸・柔整の先生は、非常に腕が確かでたくさんの患者さんを治療されています。
carお2人は、しっかりと稼ぎながら身の丈にあった贅沢もされています。車も高級車に乗られていますし、生活水準も高いと思います。

 

 

一度、お二人に尋ねたことがあります。「なんでそんな車に乗るんですか?」(私としては往診に使うなら軽自動車でも良いのではと思ったわけです)

 

 

そうすると、「後輩に夢を持ってもらいたいんだ。そして、一般の人にもこの仕事は患者さんから感謝されてお金がいただけるという素晴らしい仕事なんだということを分かってほしんだ。それが業界の為にもなるからね。」とおっしゃいました。

 

 

見栄ではなく、ちゃんと意図があってのことだったのですね。

 

 

こうした、収入と仕事の満足度が釣り合った職業というのもあるのですね。

 

 

一般の給与所得者は、一定の給与はある程度保証されているものの、仕事の評価で給与を上げていくには時間がかかるものです。

 

 

個人事業主や、ノルマ制、歩合制で働く人には、すぐにでも売り上げを出さないことには収入は得られないということとなります。

 

 

特に人にものを売るということは、納得の上の売買でなければならないと考えます。

 

 

私も、ブログの記事でこれは良いですよと紹介することはありますが、あくまでも私には良かった、こういう利点がありましたよと紹介しています。

 

 

もし、同じようなことでお悩みなら、参考になるかもしれないなぁと思っています。

コメントは受け付けていません。