言葉の力

gift

先日リフレーミングについて記事を書きました。

現在も、その知識を身に着けようといろいろとチャレンジしているところですが
語彙力が不足しているのか、頭が固いのか、なかなか言葉の言い換えが
できません。

ネットで探してみると、リフレーミング辞典なるものもありますし
資料もたくさんありますよ。

私も、印刷させてもらって手元に置くことにしました。

 

日常の会話の中でネガティブな意味で使う言葉が結構たくさんありますから、
それを言い換える言葉を探してみるようにすることにしました。

コミュニケーションをとるときに使う言葉によって
その時のその場の雰囲気、参加者の感情というのが
変わるのではと思うわけです。

実際、仕事の愚痴や、人の欠点を言っているときの感情
というのは、その時は感じないにしても
後から考えると後味の悪いものですし
聞いているときの気持ちもなんか暗い沈んだもの
になっているように思います。

スピリチュアルな分野でいえば言葉に魂が宿るとされる
「言霊」ということでしょう。

前向きな言葉であれば
精神的にもポジティブになれ結果もついてい来る
逆に批判、愚痴など後ろ向きな言葉であれば
精神的にもネガティブになり結果も悪くなる
というリフレーミングの目的の説明もできるようです。

 

天国言葉と地獄言葉とか、引き寄せの法則などでも
説明されていることと共通しているように思えます。

 

多くの成功者の体験や、その経験を分析した
成功哲学書や、セミナーなどでも紹介されています。
要約すれば、ポジティブな言葉を使えば
思考もポジティブになり行動もポジティブになり
結果も成功に結び付いていく。

だから、ネガティブな言葉を使わないようにし
ネガティブな考え方にならないように
マインドコントロールしようということですね。

考えることが意識を変え、言葉が行動を変え
結果が変わっていくということなのですが、
気を付けないといけない点も多いです。
自分の体験を振り返っても
思い当たる人は多いのではないでしょうか

意識的に、自分に他の人からかけられた言葉
自分で自分にかけた言葉によって
奮い立つこともあれば
落ち込むこともある。

一方で、何気ない言葉でも
その時の精神状態次第では
落ち込むこともあれば、元気になることもある。

ですから、しっかりとしたポジティブな良い言葉を使う訓練をし、
習慣づけをしないと良い結果は得られないということ。

 

言葉でいえば簡単そうですが常に意識していないと
身につかないと感じています。

まずは、寝床から出る前に、今日もうれしい。元気だ。楽しみだ。
家族に会うのがうれしい。仕事場に出かけるのが楽しみ。と
頭の中で反芻し、寝床に入るときに、1日楽しかったこと、
うれしかったことを思いだしながら、寝ることを心がけてみよう
と思います。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。