オーディオ学習

audhio

先日の記事で、自分の自分への信頼関係を作るということの気づきを書きました。

変革を目指すなら、これまでの自分を現在の自分が導くということになるわけです。

 

その時、現在の自分が正しい方向への道筋、行動を判断するわけですから

その判断基準がぶれると、自分が進むべき道はこれで正しいのだと

自信をもって決めることができなくなります。

 

その判断基準を持つためにはどうすればよいのか。

 

ビジネスにおける正しい道というのは、成功者の成功哲学、

多くの成功者の歩みから導かれた成功法則を、自己啓発として

書物や、セミナーなどで学び、自分の体質を成功体質に変えること。

 

これは多くの成功者が実践していることです。

 

エグゼクティブであれば、自己啓発にも多額の費用をかけることは

可能ですが、一般人にはなかなか難しいことです。

 

考え方を変えるには、これという成功法則の書籍を暗唱してしまうくらい

繰り返し読み、反復するということで身につくかもしれませんが、

日常生活を営みながら加えてそのような習慣を何年も続けるということは

誰にでもできることではないということは簡単に想像できます。

 

それを実行したからこそ、成功したのだということで片づけると

誰でもできるとは言えなくなってしまいます。

 

成功経験の少ない私のような人間にとって

何か良い方法はないのか!?

 

方法としてはそれほど難しい方法ではないですが

根気よく続ければ効果がある方法がオーディオ学習であると

言われています。

 

要は、成功哲学に示される事柄を音声で聞くということなのです。

ただ、これは、1,2回聞いて理解するというレベルではなく

繰り返し何回も聞き、刷り込んでいくという自己暗示療法の手法を

真似た方法です。

 

jikoanji

 

お気に入りの音楽を繰り返し聞いているうちに

曲や歌詞を覚えるというれべるではなく、

トランス状態に陥ることが起こります。

 

単語や文章を聞いていても音楽を聴いているのと同じように

トランス状態(変性意識状態)に近い状態になり

その状態で身についたものは人の価値観、思考、反応に影響すると

言われています。

 

催眠療法などにも利用され、

現在ではスポーツ、教育、ビジネスの場面などでも

応用されているようです。

 

昔ながらの言い方で言えば

刷り込み作業ですが、これをオーディオ機器を使って

成功者の体験、考え方、思考方法、価値観、対処法を

繰り返し聞いて自分のものとしようということです。

 

「音声資料を暗唱できるほど聴く。

もう十分だろうと思ったとしても

更に回数を重ねて聴き、トランス状態になるほど聴く。」

どれくらいという目安がわかりませんが、

一般の人の傾向は

・飽きたら聞かなくなる

・1回聞いたら終わり、せいぜい10回

・次々に違うコンテンツを聞く

・内容を覚えようとしすぎて、ぼーっとして聞いている時間が少ない

という傾向にあるといわれていましたので

しつこく聞くということを自分に言い聞かせています。

 

そのオーディオコンテンツを何にするかですが、

成功プログラムと呼ばれるものを購入しても良いでしょうが

非常に高価なものが多いです。

 

現在、私はネットで見つけた
オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp



NLPをまず学ぼうと思います。

 

これなら、スマホにDLして、通勤時や空き時間に

繰り返し聞くことができますから。

コメントは受け付けていません。