GEOモデル

30

私は、自分の借金を完済し、

親族一同を連れてグアム旅行に1週間ほど出かける!

釣具のよいものを揃え、月1回は平日釣行する!

マンションを快適にリフォームする!

という、ささやか(?)な目標を持っています。

これまでに計画的な生活を送っていなかったつけかもしれませんが、

経済的に裕福な状況ではありません。

ただ、精神的にはやりたい仕事を今日までしていますので

それなりに充実感はあります。

それでも、もうひと頑張りということで、

65歳の決意表明などをしたわけです。

 

そして、勉強を始めたのがNLPなのですが、

ビジネスの成功に特化した手法だけを勉強するのではなく

人間性の成長も目指したいと思います。

 

最終目標として明確に示すまでにはなっていませんが

上記に挙げた目標は近い目標であり、その先で

家族や周囲の人の幸せ度を上げ

かかわっている仕事を介して、人々の健康維持に

貢献できればと考えています。

 

目標設定というのはなかなか難しいもので、

変わらずに同じ目標を持ち続ける必要もないですから、

先の最終目標は変化することを前提に中目標、

小目標を定めるわけです。

 

目標設定し、それまでのプロセスを考えるとき

GEOモデルを活用することが推奨されています。

 

GEOとは、

Goal(目標)、
Evidence(証拠)、
Operation(オペレーション)

の頭文字をとった命名で、

ゴール(目標)を設定し、

ゴールと現状の差(ギャップ)を埋めるリソースを見つけ、

埋める行動をとり、

実際にゴールに向かうという方法です。

スポーツにおけるイメージトレーニングと似ているといわれます。

 

現状とゴールとの間にはギャップがあります。

その差を埋めるためにいろいろなリソース(要素・手段など)が

必要となりますから、それを揃えることから始めます。

 

そして、ゴールに達した(目標を達成した)という証拠

得るために、必要な技術を得たり、必要な作業を実行(オペレーション)するわけです。

 

私が先に挙げた小目標の一つ

「良い釣り具を揃え、月1回の平日釣行をする」ということを例に挙げると

現状 釣具が古くなったり、ランクの低いものしかない。
平日に有休休暇を釣りのために取れていない。
小遣いが少ない

ゴール:良い釣り具
リール:シマノオシアコンクエスト200HG
ロッド:シマノエンゲツプレミアム
クーラー:シマノスペーサープレミアム250
平日休暇
有給休暇を取得する
小遣い(自由に使えるお金)を得る
→(月10万円単位で継続)

証 拠:上記釣具を手に入れた状況
平日に釣りに出かけるという事実

必要なリソース
釣具を買いそろえるためのお金15万円程度
小遣い10万円
生み出す方策(ネットビジネス等)
有給休暇の取得方法と実行

 

そして、目標を達成したい時期と、

その時期に達成するために必要な作業量を見比べ

達成できるなら実行。

達成できそうにないなら、

達成するために必要なリソースは何かを検討し

そのリソースを揃えて実行する。

ということになるわけです。

 

「ゴールを設定(目標設定)をすること」、

「エビデンスとして目標達成の状況をイメージする」、

「現状とゴールとの差を埋めるオペレーション」を行うことが

成功(目標達成)への道となるわけです。

 

私が挙げたような小さな目標なら

比較的簡単に3要素を明らかにすることができますが

それでも、リソースを得るための同じくGEOモデルでの

分析をしていくと、なかなかすぐには方策が見つからなかったりしますから

ビジネスにおいては、更にしっかりとした分析をして、

実行する必要があるわけです。

 

 

私の小さな目標は、月10万円程度の

副収入を得れば到達できそうです。

 

では、この月10万円を何で得るか。

ここで、又GEOモデルで考えてみるというわけです。

 

このように細分化していく方法をチャンキングというらしいです。

 

少し話がそれますが、

ビジネス書にしても、NLP関連の本にしても

勉強していて妨げになるのはこうした英語の略語や

カタカナ語です。

 

記憶力も衰えていますし、繰り返し使う場も

あまりありませんので、こうした言葉が出てくると

詰まってしまうことがありますね。

 

自分用の用語辞典を作ったりしていますが、

結構大変です。

 

とにかく、目標を明確に定め、更にそれを小目標に細分化し、

一つ一つ達成していくことが

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。