Tag Archives: 太刀魚

タチウオ初釣り(2016)その2

釣果

では、釣行の状況です。

 

6時出船で、ポイントまでは30分もかかりません。出船して、餌のいわしをテンヤにセットしていきます。イワシは10匹パックが2パック船賃の中に含まれており、追加は有料となります。

 

太刀魚は、一度餌を噛み弱らせて飲み込むという手順を取るようで、それをエサ取りが上手いとか下手とか言われています(私は個人的には下手だと思っていますが。。。)そのため、前あたりがあって、本あたりを待つまでの間に、イワシがボロボロになってしまったり、外れたりするので釣り上げられる可能性は約半分と考えておくほうが良いようです。

 

これを少しでも上げようと、釣人は色々と工夫するわけですね。最近、流行の掛け釣りというのは、前回もご紹介したと思います。これに特化した竿は、今年も人気のようです

 

私は、鯛ラバでもそうですが、どちらかというの乗せ調子を好みます。今回も軟らかめの竿で、本あたりがあってから、合わせを入れるという手法を取りました。

 

ライトへラメ

ライトヒラメ

この竿はダイワ 極鋭ライトヒラメ MH−235といって、タチウオ専用竿ではありませんが、穂先感度がよく、しかも食い込みが良いというお気に入りの竿です。

この竿に、電動リールをセットするのが私の太刀魚用タックルとなります。

 

この日の状況は潮見表からもわかるとおり、釣り開始から2時間あまりで潮止まり、しかし、すぐに動き始めるという状況で、最後の2時間が潮の動きが少し早くなるという状況でした。

 

 

釣り開始から、太刀魚は当たりを贈ってくれ、船上にその姿を見せてくれます。幽霊との異名も取るとおり、船長の指示棚以外でも食い上げを見せたりして、我々を楽しませてくれます。2時間も経たないうちにつ抜け、餌も2パックを使い果たしました。

 
このあたりから、少し当たりが遠のく時間帯があるようになりました。それまでは、どのような誘い方をしても当たってくるという活性を見せていた太刀魚ですが、たくさんの釣り船が集中しているせいか、群れが散らばっていき、太刀魚が我先にと餌に飛びつかないようになって来たようです。

 
船長も、散らばった群れを追いながら、少しでも固まっているポイントを探してくれます。太刀魚も底に張り付いているようになり、誘いも少し工夫を必要とするようになりました。

 
この日、有効だった誘いは、仕掛けが着底してから1mほど底を切り、竿を大きく2,3回あおってしばらく止めます。そこから、ゆっくりと巻き始め5mほど巻いて、また2、3回あおってしばらく止める。これを3回ほど繰り返し、そこを取り直すということを繰り返しました。

 
あおったあと止めている時に当たりが出始め、そこから少し巻き上げると本あたりが出るという状況が多かったように思います。

 

 

釣果

釣果

潮が流れ出してからは、仕掛けが流されないようにサミングして落とし、途中で止めて仕掛けがまっすぐなるようにし、再度落としていくということをします。これで途中で食いあげるなどというあたりもありましたね。

 
最終釣果は私は22尾、釣り友と比べると少し小型が多かったようですが指4本から4本半が半数以上を占めましたのでよしとしましょう。

カテゴリー : 釣り タグ :