Tag Archives: 海上釣堀

海上釣堀釣行記

161229_131055

予習をしっかりした今年最後の釣り、海上釣堀に出かけてきました。

 
潮見表からの予想通り、釣り開始時は引き潮に入っていましたが、天気予報通りの北風、風に潮が押されて2枚潮になっていました。北西の角にはいるか、南西の角に入るかが選択肢でしたが、北西の角が空きましたのでそこに入りました。

 
管理棟で聞くと、まだシマアジは放流しているということ、最初の放流は鯛とシマアジということでしたので、予定通り棚取りをして鯛狙いで開始です。
棚取りボールが壊れたので自家製の棚取りで底から50cmを狙います。

 

鯛が群れていればすぐにでもアタリを送ってくれますが、この日は全然アタリが出ませんでした。餌切りを繰り返しますがあたりは出ません。

 
水は澄んでおり、覗いてみると昨日からの居残りの魚影が見えます。シマアジが2尋あたりを泳ぎ、青物らしき影も見えます。

 
ならばと、棚を上げることにしました。
これは正解でしたね。
一尋ほど浅くして、仕掛けを投入すると浮きにアタリが出ました。
まさかすぐにアタリが出ると思っておらず油断していました。素針を引きました(^^;

 
すぐに餌を付け替えて同じ棚をせめて見ると、すぐにアタリが出ました。
上がってきたのは狙い通りのシマアジです。

 
シマアジは天然モノと養殖モノで値段の差がない高級魚。釣堀で放流される数も、少ない魚です。
この日も放流されたのは3尾でした。

 
先ほど見えた群れは居残り組ですが、5,6尾はいたと思いますので、続けて同じ棚で狙いました。
また、アタリが出てシマアジゲットです。ここまでは狙い通りの釣りでした。

 

このあと、最初の放流があり、シマアジと鯛が入れられました。
これで、鯛も居場所から移動すると期待して、再度、棚を取り直し、最初はミックで様子見をしようと仕掛けを入れます。

 

すると仕掛けが馴染む前にそのまま、引き込まれました。

 

上がってきたのは3尾目のシマアジ。
これはこれで嬉しいのですが、目標の鯛5尾がありますので、少々複雑な思いでした。

 
鯛は水温が下がると、一箇所にかたまり、あまり動きません。
冬場は釣り座によってどうしても偏りが出る魚です。
私がシマアジを3尾上げている間に、南西の角と、北東の角では順調に鯛が上がっていました。

 
気を取り直して、餌切りを繰り返しましたがいっこうにあたりが出ませんでした。
途中青物の放流があり、青物狙いに切り替えた人になんとかアタリが出て、青物が3尾あがります。

 
私は変わらず鯛を狙いましたが、北西の角に鯛は移ってくれませんでした。
残り時間も少なくなり、なんとか鯛を釣らないことにはと焦ります。

 
風が強く、仕掛けが引っ張られます。
トップを一節だけ出していますが、それでも上潮が流れています。
これでは、脈釣りにも切り替えられないという状態でした。

 

こうなったら釣れている場所に入れてもらって鯛を確保しようということで、北東の角に竿をもって入れてもらいました。
するとすぐにアタリが出ました。
こうしてなんとか鯛を3尾確保。

 

これで終了となりました。

 
私たちのマスに放流された魚は シマアジ3尾、ブリ3尾、カンパチ1尾、鯛24尾です。釣れたのはシマアジ4尾、ブリ2尾、カンパチ1尾、鯛20尾でしたから、最終的にはマスの魚は増えたことになります。
やっぱり、水温が急に下がったので活性が低くなったようです。

 
なかなか、思い通りにならないのが釣りですね。
この結果はまた次の機会に生かしましょう。

 

シマアジ1尾を、ブリ半身と鯛1尾と交換してもらい、お土産のヒラメ1尾を加えて、私はシマアジ2尾、ブリ半身、ヒラメ1尾、鯛4尾を持ち帰りました。
帰りに寄り道をしたこともあり、持ち帰った魚を捌き終わったら8時をまわってしまいましたが、娘の家にも届けることができましたし、美味しい手巻き寿司を食べました。

 

来年もまた、魚たちに遊んでもらい、楽しい釣りをしたいと思います。

 

 

カテゴリー : 釣り タグ :

海上釣堀での納竿準備完了

161225_204324

あっという間に今年最後の連休も終了しましたね。
クリスマスといっても、この年になるとプレゼントはもらえないもので、孫たちにクリスマスプレゼントをたくさん配りました。
何をしたというわけでもないのに、バタバタと時間が過ぎていくのは年のせいもあるかもしれませんね。
とりあえずは、来週ある納竿の儀式の準備を済ませました。といっても、先日から準備してきた餌作りの最終作業。
塩抜きをした生エビとササミに味付け(?)と、色付けです。

161218_223157

釣り餌

生の磨りおろしにんにくと調味料で味付け。食べるわけではないのですが、食用のチューブ入の生にんにくの徳用を買ってきています。
1cm立法くらいの大きさにカットしたササミと、エビをそれぞれジップロックの中に入れてその中ににんにくをたっぷり入れ、調味料もいっぱい入れて、袋の上からもんでいきます。
食用の着色料を耳かき3杯ずつほど入れて、更に揉み込みます。
ジップロックの空気を抜いて、封をします。それでも臭は漏れてきます。この袋を更にジップロップに入れて冷凍庫に入れておきます。

 

釣り餌

釣り餌

これで当日の朝取り出せば、釣り場では針にさせる柔らかさになっているでしょう。
あと、餌は、生ミックを2袋、あとあれば黄色の団子も加えたいところです。生き餌は当日釣堀で活き味をアジを購入しましょう。3つの餌をローテーションささせれば大丈夫とは思いますが、明日以降、スーパーで生のいわしをワンパックくらい加えますかね。
自分が使う予定のタックルは、先週の休みで鯛用のタックル、青物用のタックル、探り用のタックルと揃えてあります。
鯛用の竿は、少し硬めのメバル竿、船用の竿なのですが、メバルには少し硬いのでメバル用には別の竿を購入しました。以前は鯛用に、鯉竿にガイドをつけて改良してもらったものを使っていたのですが、経年劣化のため引退してもらいました。
メバル竿は6:4調子ですが、鯛にはちょうど良い張りなので釣り堀用に下ろしました。
青物用の竿は、昔、プレゼントにもらったがまかつの海上釣堀専用竿があるのですが、長さが4.5mあり、取り回しが面倒なので、船用のシマノNew海明を用意しました。
もう一本は脈釣り用の専用竿。これは、最悪、ウキ釣りであたりが出ないような条件の時使用するつもりで用意しています。いわば、抑えの竿ですね。
それぞれの竿に、リールを既にセットしていますが、昔、スズキ釣りにはまっていた時に使っていたレバー式のスピニングリールがあります。サイズは、中型、大型のリールです。
レバーブレーキにする前のスピニングリールもあります。もう、20年位前のものもありますが、リールはいいものを買っておけば長く使えると教えてもらっていたので未だに現役です。
使うチャンスはあまりないのですが、防波堤からのタチウオ釣り、メバル釣りに使用しています。

 

161225_204649

biomaster

シマノのバイオマスターというリールですが、同じ型番(3000番)のリールを2つ。そのあとモデルチェンジしたもので、3000番と4000番を持っています。先日、釣具を整理したときに譲り先があったので、1つはプレゼントしました。
今回の海上釣堀の釣りでは、竿の用意ができない同行者が二人いますので、竿2本と、このバイオマスターをセットして貸し出すことにしました。
いい働きをしてくれるといいですね。

カテゴリー : 釣り タグ :

海上釣堀でも出かけてみようか

1015

週末に釣行を計画していましたが、台風の影響か、季節風の影響か風が強く出船を見合すこととなり中止になりました。

 
天気予報では、曇り時々雨ということで、孫娘の運動会は開催されるという情報が入り、家内と2人で出かけました。

 
自分の子供のときもそうでしたが、他の子供の姿は目に入らず、孫の姿ばかり追い求めるジジバカぶり。自分でも恥ずかしくなりますね(^^;
これは、これで楽しかったのですが、もうずいぶんと釣竿を握っていない時間がたっており禁断症状です。

 
現在の予定では、来月まで予定が入っておらず、どこかで出かけたいものだと、潮見表とにらめっこ。近場でタチウオかアオリイカ釣りにでもと考えています。

 
今年は、タチウオ、アオリイカとも順調に釣れていますが、こればかりは潮が合わないと難しい釣りになります。

 
潮見では、今週末は大潮、来週末が小潮で大潮周りはタチウオ釣りはトラブルが多くなってしまいます。今週末はどちらかといえばアオリイカ釣りに適した潮ですね。
しかし、満潮が6時3分、干潮が12時16分、次の満潮が18時27分と、朝夕のゴールデンタイムが潮止まりとなっています。これは、午前便、午後便とも結構厳しい釣りになりそうです。

 
気温が下がってきましたので、アオリイカも少し水深のある場所に移動していると思いますし、そろそろ終盤が近づき、数よりサイズ狙いとなりそうですね。

 
タチウオをターゲットに考えると、干潮の12時16分前後の潮が緩んだときがもっとも大きなチャンスでしょうが、釣り場の流れが止まる時間を考えると、最初の満潮時の潮止まりから潮が動き始めるまでがワンチャンスだけで、あとはお祭りのトラブル続きになる可能性は大きいです。

 
こうしてみると、久しぶりに海上釣堀に行くのもありかなと思ったりしています。

 
この時期の釣堀なら、鯛、ハマチのほかにまだまだシマアジが狙えますね。シマアジは養殖物のほうが高いくらいですから値打ちがあります。鯛を4,5枚とハマチ、シマアジ1尾ずつを目標に行ってみるのありかもしれません。

 
家内と相談して、釣堀の釣り方の復習をしておきましょう.

カテゴリー : 釣り タグ :