Tag Archives: 釣り

仕掛けを作るのも釣りのうち

sikake

私の趣味は釣りです。

ともう何年も言い続けています。

でも、一向に釣りが上手くなってません。
というか、狙ったとおり、思い描いたとおりの釣りが出来ていません。

釣りに出かける前に、こうしてみよう、ああしてみようと
いろいろ考えて仕掛けを自作して行くのですが
試そうと思っていたことの半分も試さないまま
帰ってくることが多いです。

» 続きを読む

カテゴリー : 釣り タグ :

海上釣堀釣行記

161229_131055

予習をしっかりした今年最後の釣り、海上釣堀に出かけてきました。

 
潮見表からの予想通り、釣り開始時は引き潮に入っていましたが、天気予報通りの北風、風に潮が押されて2枚潮になっていました。北西の角にはいるか、南西の角に入るかが選択肢でしたが、北西の角が空きましたのでそこに入りました。

 
管理棟で聞くと、まだシマアジは放流しているということ、最初の放流は鯛とシマアジということでしたので、予定通り棚取りをして鯛狙いで開始です。
棚取りボールが壊れたので自家製の棚取りで底から50cmを狙います。

 

鯛が群れていればすぐにでもアタリを送ってくれますが、この日は全然アタリが出ませんでした。餌切りを繰り返しますがあたりは出ません。

 
水は澄んでおり、覗いてみると昨日からの居残りの魚影が見えます。シマアジが2尋あたりを泳ぎ、青物らしき影も見えます。

 
ならばと、棚を上げることにしました。
これは正解でしたね。
一尋ほど浅くして、仕掛けを投入すると浮きにアタリが出ました。
まさかすぐにアタリが出ると思っておらず油断していました。素針を引きました(^^;

 
すぐに餌を付け替えて同じ棚をせめて見ると、すぐにアタリが出ました。
上がってきたのは狙い通りのシマアジです。

 
シマアジは天然モノと養殖モノで値段の差がない高級魚。釣堀で放流される数も、少ない魚です。
この日も放流されたのは3尾でした。

 
先ほど見えた群れは居残り組ですが、5,6尾はいたと思いますので、続けて同じ棚で狙いました。
また、アタリが出てシマアジゲットです。ここまでは狙い通りの釣りでした。

 

このあと、最初の放流があり、シマアジと鯛が入れられました。
これで、鯛も居場所から移動すると期待して、再度、棚を取り直し、最初はミックで様子見をしようと仕掛けを入れます。

 

すると仕掛けが馴染む前にそのまま、引き込まれました。

 

上がってきたのは3尾目のシマアジ。
これはこれで嬉しいのですが、目標の鯛5尾がありますので、少々複雑な思いでした。

 
鯛は水温が下がると、一箇所にかたまり、あまり動きません。
冬場は釣り座によってどうしても偏りが出る魚です。
私がシマアジを3尾上げている間に、南西の角と、北東の角では順調に鯛が上がっていました。

 
気を取り直して、餌切りを繰り返しましたがいっこうにあたりが出ませんでした。
途中青物の放流があり、青物狙いに切り替えた人になんとかアタリが出て、青物が3尾あがります。

 
私は変わらず鯛を狙いましたが、北西の角に鯛は移ってくれませんでした。
残り時間も少なくなり、なんとか鯛を釣らないことにはと焦ります。

 
風が強く、仕掛けが引っ張られます。
トップを一節だけ出していますが、それでも上潮が流れています。
これでは、脈釣りにも切り替えられないという状態でした。

 

こうなったら釣れている場所に入れてもらって鯛を確保しようということで、北東の角に竿をもって入れてもらいました。
するとすぐにアタリが出ました。
こうしてなんとか鯛を3尾確保。

 

これで終了となりました。

 
私たちのマスに放流された魚は シマアジ3尾、ブリ3尾、カンパチ1尾、鯛24尾です。釣れたのはシマアジ4尾、ブリ2尾、カンパチ1尾、鯛20尾でしたから、最終的にはマスの魚は増えたことになります。
やっぱり、水温が急に下がったので活性が低くなったようです。

 
なかなか、思い通りにならないのが釣りですね。
この結果はまた次の機会に生かしましょう。

 

シマアジ1尾を、ブリ半身と鯛1尾と交換してもらい、お土産のヒラメ1尾を加えて、私はシマアジ2尾、ブリ半身、ヒラメ1尾、鯛4尾を持ち帰りました。
帰りに寄り道をしたこともあり、持ち帰った魚を捌き終わったら8時をまわってしまいましたが、娘の家にも届けることができましたし、美味しい手巻き寿司を食べました。

 

来年もまた、魚たちに遊んでもらい、楽しい釣りをしたいと思います。

 

 

カテゴリー : 釣り タグ :

釣り場での事件

日本シリーズは結果2勝4敗で日本ハムの優勝に終わりました。

 

広島カープの選手の皆さん、最高の楽しみをありがとう、そしてご苦労様でした。日本シリーズは全試合をテレビで応援しました。テレビを見ているときは、選手をけなしたり、監督に文句を言ったりしてますが、結果に対しては愚痴を言っても仕方ないですね。

 

そこから得たものを糧にして、選手やチームの皆さんが次にすすんでいって、これかの結果を良いものにしていただければそれで良しです。

 

ちょうど、最終戦になった日は、前線が通過した後で、天気は曇り、風も結構強かったです。広島もけっこう風の影響受けるかもしれないなぁと思いながら、釣りに出かけていました。

 

風速5mから7mの予報だったので、出港は無理だろうと思っていたのですが、風裏を狙うということで連絡がありました。

 

活きイワシを使った呑ませ釣りで、青物、ヒラメを狙うという釣り、しかし、天候の影響か、私達の腕が未熟なのかまったく釣れません。船長も気を使って、あちらこちらとポイントを変更してくれますが、別のグループには多少の釣果はあがったものの、私達のグループにはいっこうに当たりが出ませんでした。

 

エサのイワシを押えるような当たりがあり、チェックをすると頭の付け根に三角の噛み跡。イカの仕業です。前回は、このアオリイカを狙ったシャクリ釣りをして、結果が少ないですがありましたので、今回も私達のグループは中錘を使ったシャクリ釣りの準備をしていましたので、急遽変更。

 

事件はその最中に起こりました。

一歩先に始めた釣友が「アッ!!」と叫びました。

私たちは一瞬何が起きたか分かりませんでしたが、見ると彼は手に何も持っていないのです。聞くと、当たりがあったので、あわせた瞬間、手が滑って竿が海中に消えたのだそうです。

 

最近、乾燥していて手もつるつる、前後で水を使うことも無かったので、合わせを入れたときにアオリイカが乗ったようで、その重さの反動で手から滑ったようです。

 

聞けば、竿は先調子の最高級品


ダイワ(Daiwa) 極鋭 ゲーム MH-230AGS

で、リールは限定販売されたダイワのミリオネア100ICVの限定品。
しかも、オーバーホールをして、PEを巻き変え、ハンドルも変えた直後。

総額10万円超えですね。

 

その後の落ち込みようは大変だったです。

 

私も過去に同じ経験があり、アオリイカつりであたりをあわせ、重みを感じた瞬間にひじがポールの当たり、手が離れ、リール、ロッドが海の藻屑となりました。そのときの総額も似たようなものでした。

 

落ち込む釣友を、自分が海に落ちずに済んだから良かったじゃないかなどと慰めておりましたが、その後は素直に釣りを楽しめるわけも無いですよね。

 

釣果は○ボウズ。エサに使った活きイワシを10尾ほどもて帰り、梅煮にしました。

 

早く、気分転換を図りたいですね。。。。

カテゴリー : 釣り タグ :

タイラバ返り討ち

ワニゴチ

前回のタイラバ、潮も思わしくなく、私だけが鯛の顔を見ていないというのもなんか悔しく、8月中に再度挑戦と考えていましたら船の予約が取れました。

 

いつものメンバーで誘い合わせ、出かけてきました。

四国沖で、台風が発生ということで風が吹くかもしれないと危ぶみましたが、何とか出船は出来ました。

 

まずは、お土産のアジを確保しておこうということで、アジポイントへ。この段階で、少しおかしいなぁという感じはありました。前日まで、食っていたマルアジの群れが消えているのです。それなら、居付きのキアジ(平アジ)を釣っておこうとポイント移動。ここで、人数分のキアジを確保です。アジの釣果の差はサビキの差。

 

前回同様このサビキがダントツでした。

 

お土産は確保できたので、鯛ラバへと移ります。

潮は大潮、この潮での船長のオススメのポイントに入ります。この潮なら、この場所が絶対、釣れなかったら、鯛がいないとまで、言い切ります。

その言葉を信じ、全員で鯛ラバを巻き続けます。

当たりがあって、上がってくるのはワニゴチばかり。

どうしたもんじゃろなぁ、、、です。

このポイントで2時間くらい粘ったものの、釣れたのは、30cm位の鯛が2尾と、ワニゴチ沢山。

 

これは、見切りを付けて場所移動しようということとなり、前回、サメがかかったポイントへ。

ここでも、先ほどのポイントほどではないにしても、一流しで、船中2人くらいに当たりがあり、上がってくるのはワニゴチ中心でたまに鯛というペース。

 

気温も高く、暑さも半端ないので早々にあがることにしました。

 

船長は兼業農家を営んでおり、毎年、たまねぎを安く譲ってもらうのですが、今年は「べと病」というたまねぎの病気で、全国的に不足しているらしく、粒の揃ったきれいなものは出荷してしまったといいます。私達は自宅で消費するだけですから、少々形が悪くてもOK。

 

でも、今年は、そんな不良品でも市場が出してくれというそうです。何とか、お願いしていた量のたまねぎを確保してもらい、それを一緒に持って帰ることにしました。

 

釣果

釣果

今回の釣行結果は、悲惨なものとなり、持ち帰ったのはワニゴチ5尾、鯛20cm~30cm3尾、平アジ25cm4尾、マルアジ35cm1尾という結果。船中鯛はボウズという人が2人も出ました。

 

考えられる原因は、水温の上昇と、気圧の急激な変化。台風が近づいてきており、気圧が急激に変化すると魚は餌を食べなくなるといわれますので、これが原因かなとも考えます。

 

残念ながら、ヘッドカラーの違いによる釣果の変化、ネクタイの色の差などを明確に試すことは出来ませんでした。

しかし、釣友がネクタイの色に黒を取り入れて、それで鯛を釣り上げたのはちょっと気になります。60m以上の水深の場所ですから、光はほとんど届いていないので、コントラストのはっきりするものが良いだろうということは推測できますが、黒はどうなんだろう。と思うわけです。

 

これまた次回の課題ですね。

 

 

 

 

カテゴリー : 釣り タグ :

釣った魚を捌く

刺身

釣り暦が長く、しかもターゲットが海水魚がほとんどなので、釣った魚は家にもって帰ります。

個人的な見解ですが、無駄な殺生はしたくないので、基本釣った魚は小さくてリリースしても生き延びるというもの以外は持って帰るんです。

そして、できるだけ食べてあげます。

さすがに、免許はありませんのでフグは無理ですが、外道と呼ばれる魚でも食べれるものは食べてあげるのが私のモットーです。

(同じような趣味趣向を持つ友人は、とうとうフグの調理師免許を取得したそうです。こんどは彼とフグ釣りにいきたいですね(^^;)

魚を美味しく食べてあげる方法は、出来るだけ早く下処理を済ませることといわれます。

魚も人間と同じで、外皮には雑菌が沢山付着しており、鰓、内臓にも雑菌が繁殖しやすいです。ですから、どのような料理にするかを考え、姿を残す、2枚に卸す、3枚に卸す、柵にするなどをきめて、うろこ取り、内臓処理、頭、鰓の処理、皮を引くなどの作業を入れていきます。

我が家の場合は、ほとんど私一人がやっていましたが、家内が覚え、娘もうろこ取りは手伝うようになっていました。上の子は料理学校で魚の処理まで習ってましたので、中型の鯛くらいまでは卸せるそうです。

私などは、習うより慣れろで、小さいころから釣った魚は自分で処理をすることを母親に躾けられましたので子供が成人する前までは、我流で捌いていました。

たまに大物(大鯛、メジロ)などが釣れると、さすがに自分での処理が難しく、近所のお寿司屋さんの大将に捌いてもらっていました。

だんだんと釣の腕も上がり、大物が釣れるとそのたびにお願いするわけにも行かず、出刃包丁も2種類揃え、自分で挑戦するようになりましたね。

鯛の兜割りは、骨が固いのと要領がつかめないので上手く半分に割れないという歯がゆい思いを繰り返したものです。すし屋の大将に聞いたり、大将の捌きを見て覚えようとしましたが、わかったつもりでもやってみると上手くいかないということが続き、とうとう魚の捌き方、刺身のきり方、寿司の握り方までが解説してあるDVDを購入し、上手くいかないところは繰り返し見るということをして見ました。

結果は、もっと早く見とけばよかったです。。。

でも、まぁ、人に出せるくらいの見栄えはあるようになりましたので良しとしています。家内も、このDVDを見て、大型は無理でもちゃんと裁けるようになっています。

寿司・刺身上達法

choka

choka

魚の食べ方としては、刺身、焼き、煮付けが中心で、てんぷら、フライから、いろいろなレシピがありますね。

好き嫌いはあるとは思いますが、刺身でも活かっている方が美味しいという方もいらっしゃれば、少し熟成させたほうが美味しいという方もいらっしゃいます。

最近は肉でも「熟成」ということばが流行していますが、魚も少し寝かすことで旨みが増すものが多いです。ちゃんと下処理をして冷蔵保存をすれば、1週間くらい刺身で食べられる魚が多いということはあまり一般には知られていなかったりします。

釣りに行き、最後に釣果をクーラーに入れるときから魚の劣化は始まっていますから、活きジメし、氷を入れて持ち帰ったら出来るだけ早く処理を始めましょう。

姿のまま、煮たり、焼いたりする魚は、うろこ、鰓、内臓を掃除します。中骨の付近から鰓の付け根辺りにかけての血合いは丁寧に落とします。この血合いが生臭さ、劣化の元となりますのしっかり掃除をしてください。流水を使う場合は長く水にさらし過ぎないように。

すぐにキッチンペーパーなどで水気を取り、空気に触れる面をキッチンペーパーで包み、その上からサランラップで巻きます。

これは、魚の場合死後硬直が始まり、死後硬直が解けるまでは、体液が外に流れ出すことが多く、これまた臭みや腐敗を進める原因となるので、これを取り除くわけです。

酒蒸し

酒蒸し

アルミのバットなどにこれを並べて冷蔵庫で寝かせます。時々、様子を見て水の量が多いようならペーパーを変えます。3時間もたてば死後硬直は解けていますから、その日のうちに調理をしないなら、最後にもう一度ペーパーを代えてラップをします。頭がついているものはできればその日のうちに調理をしたいです。長期保存を(1ヵ月程度)したいなら、塩コショウなど下味をつけてもう1時間ほど寝かせます。その後、ペーパーを取りラップをして冷凍庫に入れます。

切り身の場合も大体同じ要領で処理するとよいですね。

刺身など生食をするものは柵取りまでしておくのが良いようです。料理本や、人によってはうろこを取り、中骨、腹骨をすいたあと皮を残したまま、ラップするということもあるようですが、皮と身の間は雑菌が繁殖しやすい場所ともされています。

私は、刺身やカルパッチョ、昆布締めなどにするものは、皮をはぎ、柵取りをしてペーパーにくるみラップを巻いて3時間ほど寝かし、ペーパーを代えてラップをし、熟成させるものと、その日に食べるものとにわけます。

こうして空気に触れないようにきちんとラップしておけば3日は十分、ちゃんと保存できていれば余裕で1週間食べれます。

こうした下拵えは、美味しく食べるための準備。

これまた楽しですね。

カテゴリー : 料理, 釣り タグ :

釣りの楽しみは2度、3度

sea

あなたの趣味は?

と訪ねられたら、迷わず釣りですと応えるでしょう。

釣り暦も間で10年くらいのブランクはあるものの、川、海を問わず釣竿を担いで走り回っていました。年を重ねて、体力や気力と相談しながら、そのジャンルがだんだんと変化していったようにおもえます。ここ10年は、もっぱら船に乗って釣りに出かけていますよ。

釣りの楽しみは、釣人にしか理解できないのかもしれませんが、釣行日が決まったらそこから楽しみはスタートします。ターゲットが決まると、竿、リール、仕掛け、持ち物を準備していくわけです。この行程が楽しいのですね。遠足前の子供と一緒です。

天気、潮の状況を読み、仕掛けを自作する。

針、ハリス、幹糸を結んで仕掛けを作るわけで、そのハリスの長さ、針の大きさ形を考えながら、作っていく作業はワクワク、どきどきの至福の時、時間が過ぎるのを忘れてしまいますよ。


しかし、50歳を過ぎて、老眼がすすんでくると、蛍光灯の下でこのような細かな作業が結構難しくなってきました。普段の事務作業や、新聞を読むときに掛ける老眼鏡では細かな作業がやりにくいんです。

5年ほど前から、釣りの準備の必需品として加わったルーペスタンド。 これは細かな作業の必需品となりましたね。そろそろ同じ悩みを抱えていらっしゃるかたもあるのでは?

私が買ったときは楽天で5000円くらいだったと思います。

 

 

針を結んだり、仕掛けを変えたりする作業は釣り場で行わなければならないので、さすがにこのルーペを持っていくわけにはいかないのですが、老眼鏡は必要なんですよね。しかし、釣り場では、変更レンズのサングラスをかけていることが多く、そのたびにめがねをかけ代えるのは、めんどくさいんです。

そこで、秘密兵器を買いました。

rupe知る人ぞ知るハズキルーペという、めがね型の虫眼鏡です。

テレビでもコマーシャルが流れたりするのでご存知の方の多いかも。。。

この写真では少しわかりにくいのですが、ハズキルーペの利点は、一般のめがねの上からでもかけられるという点なんです。

釣り場で、サングラスの上から掛けることができますね。

私が非常に重宝がっていたので、一緒に行く釣仲間は何故か全員持ってます(^^; (もちろん、色違いですけどね。)

これは、最近は老眼がすすみ、普段も使うことが多くなったので、色違いでサイズの一回り小さいものの購入を検討しているところです。コンピュータを使うことが多いのでブルーライト対応型のほうがいいかなと思っています。

 

 

少し、話が横道にそれてしまいましたが、こういった準備を重ねていくのが、釣りの楽しみの第1ステップなんですね。

 

次の楽しみは、釣り仲間との会話。

私の場合は、仕立て船を3,4人の仲間と借りて出かけることが多く、馴染みの船頭さんがあるので、ほとんどその船に乗っています。

釣り仲間はは住んでいるところが少しずつ離れていて、私が一番釣り場からは遠いポジション。順番に家を訪問しながら釣り場へ向かうのです。

途中、コンビニエンスストアで、我々の餌を買い、釣具屋で魚の餌を買いながら、車中では当日の釣りへの期待で盛り上がるのです。この釣りのために買った新しい竿の自慢であったり、前回の釣行から工夫した点など釣り場への時間があっという間に過ぎますが、みんなのテンションが高いのは言うまでも無いことでしょう。

三つ目の楽しみは、実釣時の魚との対話であり、四つ目の楽しみは釣った魚を料理し食べること。

これらは、また別のところで紹介していきましょう。

 

カテゴリー : 釣り タグ :