Tag Archives: 骨せんべい

タチウオ料理

骨せんべい

私の釣りの楽しみは、準備すること、釣りに行くこと、食べることの3つ。

 

先日のタチウオ釣りの釣果も、家に帰ってゆっくりと下ごしらえをしました。
タチウオ釣りの場合、準備の良い人は包丁、まな板を船上に持ち込み、太刀魚を釣り上げた時点で、タチウオをを〆、ポイント替わりの合間に、頭、内臓、尻尾を取り去ってしまい、時には切り身にして持ち帰る人も多いです。
私は、その準備はなかったので、釣り上げたタチウオはハサミで締めて、生簀で血抜きをしクーラーに入れて持ち帰ります。

 

 

太刀魚

太刀魚

タチウオは他の魚と比べ、ウロコはないし、ぶつ切りで下ごしらえを完了することもできます。

 
今の時期は、タチウオは産卵時期、抱卵をしているメスも多いですから、私は卵は卵で煮付け美味しくいただきます。

 
そのために、内蔵を丁寧に取り、卵をとりわけ、腹の膜(黒い皮膚)を拭い取り、血合いを取り除きます。胴は15cm程度にブツ切り、しっぽあたりも身のある部分は残します。

 
背びれの付け根に両側から包丁を入れ、骨と一緒に取り除きます。これをしておくと、ぶつ切りで塩焼きにしたり、ホイル焼きにしても中骨だけを気をつければ良いので非常に楽です。

 
太刀魚の骨は先が鋭く尖っているので、嫌がる人は多いですね。

 
我が家では、下の娘がタチウオは大好きなのですが、骨が苦手、他の魚なら、上手に骨を取るくせにタチウオは何か嫌な思い出があるようです。ですから、家内がずっと3枚に卸して食べさせてきました。

 
すると、他の子供たちもそれが当たり前になってきます。

 
ですから、今回もほとんどを3枚卸にしました。

 

 

骨せんべい

骨せんべい

中骨は捨てるのでなく、骨せんべいにして食べますので、無駄にはならないのですが、なんせ手間がかかります。
釣った太刀魚の2/3は3枚に卸したでしょうか。残りは、私と家内の晩御飯、塩焼きとホイル焼き用にするつもりです。

 

3枚に卸たものの一部は、塩コショウをして、小麦粉を振り、ラップをして冷凍しました。これは、ソテー用です。

 
3枚卸しをしておくと、次の日くらいまでは刺身で食べれますので、その晩は刺身にしていただきました。本当は、塩と酢で締めてもおいしいのですが、今回はパス。

 
十分な量があると思っていましたが、娘たちのところはもちろん、家内が出かけるついでがあったので、訪問先の親戚にも配ることとなり、あっという間になくなりました。

 
現在は、冷凍庫に私と家内の塩焼き用が残っているだけです。

 
良く太刀魚釣りに出かけているときは、冷凍庫の中に常に太刀魚があるという状態だったのが懐かしいです。

 
料理の写真は撮り忘れましたので、今回は骨せんべいだけで、また次の機会に。

 

 

 

 

カテゴリー : 料理 タグ :