Kan親父のああでもない、こうでもない>ふるさと納税おすすめ情報

 

 


カンタン、ふるさと納税

 

 

ふるさと納税とは

ふるさと納税は、ここ数年ですっかり定着してきましたね。

まだご存知でない方に簡単にご説明します。

ふるさと納税というのは、この制度を採用している自治体に寄付をするということです。

ただ寄付をするだけで、これだけ人気が高くなるわけはないですね。


このふるさと納税にはお得な点がいくつかあるんです。

① ふるさと納税をすることで、その年の所得税から控除を受けることができ、次の年の地方税が減額されます。ただし、確定申告などの手続きをすることが必要です。(これは一般の寄付控除と同じですね。その手続きは実は簡単な方法があります。)

② ふるさと納税をした自治体から、その金額に応じてお礼の品を受け取ることができます。

③ ふるさと納税をする自治体、またお礼の品選ぶことができます


こうしたメリットがあることで、人気が高まっているのです。

 

 

ふるさと納税シュミレーション

もう少しメリットを具体的に見てみましょう。

例えば、あなたの年収が600万円と仮定します。

所得税は年収の20%、地方税は年収の10%となります。

収入から寄付控除が受けれる額は年収額と家族構成によって上限がありますので、これはふるさと納税控除金額シュミレーターにあなたの年収額を入れて確かめてみてください。

ここでは、年収600万円の限度額近くの62000円を1年間で寄付をしたとします。

寄付金控除は還付も減額も次の年に行われるので、2年間トータルで考えることとします。

ふるさと納税を行った場合と行わなかった場合を図にしました。



 

600万円の年収にかかる所得税と 住民税は年間180万円。

2年間で360万円となります。

ふるさと納税を62000円行った場合は、ふるさと納税を行った年は180万円に、62000円を加えた金額が支出され、次の年は60000円の控除が受けれますので174万円の支出となります。

つまり2年間で360万2000円支出したことになります。

しかし、ふるさと納税を行った地方自治体からお礼の品を受け取っています。

一方、ふるさと納税をしない場合は、1年の税金が180万円、これが2年分で360万円。

控除もなければ、返礼の品もなしです。

この2つの場合を比べると、支出だけ見ると、ふるさと納税をしない場合は
360万円、ふるさと納税をした場合は360万2000円で、一見ふるさと納税をした方が損をしたように見えます。

ところが、ふるさと納税をした場合、その62000円の返礼品は、約半額の金額相当の品物が受け取れているんです。

2017年に返礼品の額が4割以下になるように総務省が指導をいれましたが、実際に探してみれば、まだまだ高額の返礼品はありますし、品物を貰った上でその代金に対して還付金が受け取れているわけです。

実質で考えれば、かなりお得となることは変わりがないので、人気はおちないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふるさと納税確定申告

ふるさと納税を行って、税金の控除を受けるには手続きをしなければなりません。

その方法は2つです。

①確定申告

②ワンストップ特例制度

①の確定申告はどなたでも行うことができます。

個人事業主の方やその他確定申告をする要件に当てはまる方は、寄附先の自治体が発行した「受領証明書」や必要な書類を揃え、確定申告の書類を作成して税務署に提出しなくてはなりません。

その上で、所得税分はその年の所得税から還付され、住民税分は翌年度の住民税から減額されます。

書類の作成は、めんどくさそうに思えるかもしれませんが、国税庁のホームページで必要事項を入力すると申告書が出来上がるようなサービスもあり、特別な経理知識がなくても申告書の作成は可能です。

②のワンストップ特例制度は2015年から新しくできた制度で、確定申告をする必要のない方で、寄付先の地方自治体が5つ以下の人なら利用できます。

確定申告をせずにふるさと納税による寄付金控除を受けれる制度です。

詳しくは⇒ワンストップ特例制度について

 

 

ふるさと納税おすすめ

 

 


さとふる
各自治体と提携して、ふるさと納税に特化しているサイトです。特集が組まれたり、ちょっと変わったお礼の品を探すのも便利です。

ふるなび
こちらも、ふるさと納税に特化しているサイトです。他のふるさと納税のサイトと異なるのは、お礼をモノで受け取るだけでなく、ポイントでためることが出来ること。そのポイントは、有名店で使うことが出来るようになっています。
楽天ふるさと納税
特産品
 
ネットショッピングといえば、楽天と決めている方も多いようです。楽天ポイントというのはいろいろと利用できますからね。もちろん、ふるさと納税でもポイントはたまります。
Yahooふるさと納税
検索サイトでおなじみのYahoo ショッピングカテゴリーの中からふるさと納税を選んで、納税できます。もちろん、お礼の品を選べます。クレジットで決済できるのがうれしいです。

Amazon
ふるさと納税
ご存知アマゾンでも、ふるさと納税を取り扱っています。アマゾンを贔屓にしている方も多いです。

 



 

ふるさと納税サイト

さとふる

ふるなび
楽天ふるさと納税
特産品
 
Yahooふるさと納税

Amazon
ふるさと納税


© 2017 ふるさと納税おとく情報 rss