教えて!さとふる先生

いつするふるさと納税

毎年年末にかけて、コマーシャル等が流れるふるさと納税。

 

何故か年末に行うものだと考えていらっしゃる方もあるとか。

 

ふるさと納税は、自治体によって一年間を通して受け付けられており、年が変わると終了するというものではありません。


返礼品は数に限りがあったり、収穫の時期があったりで、
一年中というわけには行かないかもしれませんが、
ふるさと納税のしくみは継続しています。


寄付控除が受けれる所得が1年ごとに年収という形で区切られるため、
12月で一旦締め、また次の年になると、
控除を受ける所得総額が次の年のものとなるということから、
年末にかけては駆け込み需要が増えると考えられます。


実際のところ1年を4つに分けてみてみると、
その時期の特徴というのが見受けられます。


1月から3月

・1年を通じて申し込み数が最も落ち着いている時期
・人気の高い返礼品への申し込みがしやすい時期
・果物などで夏に出荷予定の返礼品の受付が始まる時期
・申し込みをする人が、ベテラン、リピーターが多い時期


4月から6月

・返礼品がリニューアルされる時期
・秋の新米の発送が申し込み受付始まる時期


7月から9月

・お歳暮で使うならこの時期
・うなぎの需要が高くなる時期
・この時期に返礼品をリニューアルする自治体も


10月から12月

・年末にかけての駆け込み申し込みが多い時期
・返礼品が品薄になることもアル
・返礼品の到着に時間がかかることも


こうしてみると、ふるさと納税をするなら、
年末に集中させるのではなく、年間通じて均等に行うのがよいと考えられ、
どこかを選ぶなら、4月から6月がよいと思えますね。


また、寄付手続きには一般に2,3ヶ月かかるので、
申し込む際には手元に返戻金が届く時期を逆算し確認すると良いでしょう。


さとふる
各自治体と提携して、ふるさと納税に特化しているサイトです。特集が組まれたり、ちょっと変わったお礼の品を探すのも便利です。

ふるなび
こちらも、ふるさと納税に特化しているサイトです。他のふるさと納税のサイトと異なるのは、お礼をモノで受け取るだけでなく、ポイントでためることが出来ること。そのポイントは、有名店で使うことが出来るようになっています。
楽天ふるさと納税
特産品
 
ネットショッピングといえば、楽天と決めている方も多いようです。楽天ポイントというのはいろいろと利用できますからね。もちろん、ふるさと納税でもポイントはたまります。
Yahooふるさと納税
検索サイトでおなじみのYahoo ショッピングカテゴリーの中からふるさと納税を選んで、納税できます。もちろん、お礼の品を選べます。クレジットで決済できるのがうれしいです。

Amazon
ふるさと納税
ご存知アマゾンでも、ふるさと納税を取り扱っています。アマゾンを贔屓にしている方も多いです。


 

ふるさと納税サイト

さとふる

ふるなび
楽天ふるさと納税
特産品
 
Yahooふるさと納税

Amazon
ふるさと納税


© 2017 ふるさと納税おとく情報 rss