海上釣堀侮るなかれ

​釣りを趣味にされている方、特に海釣りをされている方々の海上釣堀に対する意見は分かれるところです。


「所詮釣堀だろ。養殖の餌付けをされている魚だから、釣れて当たり前だよ。」的なちょっと批判的な意見を持っている方達と、「自分では釣りにいけない大型の魚や、高級魚を釣ることが出来るし、釣果を伸ばそうと思うと結構奥が深い。」と肯定的な意見を持っている方達に分かれているのではないでしょうか。


海上釣堀で放流されている魚は、鯛、ハマチ(ブリ)はもちろん、シマアジ、カンパチ、ヒラメなどの高級魚も放流され、季節によっても放流される魚が変わっていくのが一般的。

 

こうした、様々な種類の天然魚を釣ろうと思うと、船から、磯からと結構大変なターゲットなんですね。

 

それが、海上釣堀に出かけることで釣れるとなると、体力的に自身がもてなくなったシニア層にも、魅力的な釣りです。


実際に行ってみると、観光地にある生簀での釣堀のようにエサをつけて仕掛けを入れれば釣れるというものではなく、誘い、エサのつけ方、棚の取り方など他の釣りと遜色のないテクニックが存在しますし、時期、時間帯、潮の流れなど自然にも左右されますのでその釣り方は一つのジャンルを作っています。


なめてかかって、釣果なしという結果で愕然としたという釣人を何人も知っていますし、そういう人たちが、また海上釣堀の釣りにはまっていくという魅力を持っています。

 

海上釣堀での釣り方


釣果海上釣堀の多くは、風や潮の大きな影響を受けない湾内に、いかだを組み生簀となる網を沈めて、その中に魚を放流し、釣人が仕掛けを投入して釣るというものです。


海上釣堀では、使う竿は1本、仕掛けは1本針で、撒き餌は禁止など、海上釣堀のルールがあり、貸しきり以外では知らない人と隣同士で釣りをしますので、ルール、マナーは守らなければなりません。


大きくても10m四方くらいのいかだが一般的ですから、その枡の中でポイントに仕掛けを投入するという浮き釣り、探り釣りが基本となります。

釣り時間は、大体6時間前後で、事前に放流してある魚、釣り時間中に放流される魚があります。それらを、エサ、仕掛けを変えながら狙っていきます。


ターゲットとする魚に合わせて、エサ、仕掛け、棚を調整するのはもちろん、ブリなどの大型で力の強い魚と、鯛などの繊細なあたりをあわせる釣りでは竿、リールも変える必要が出てきたりするわけです。


初心者の場合、係員が巡回し、質問には答えてくれますが、事前に少しベテランの人に聞くとか、Howto本を読んでおくとか、DVDなどを見ておくと良いですね。

オススメのDVD⇒海上釣堀での釣り方

 

海上釣堀も慣れてくると、潮によるポイントの選び方、季節によるエサの変化、魚の好むエサなどがわかってきて、自分で仕掛けを作ったり、エサを用意したりするようになるとまた一段と海上釣堀の楽しさがわかるようになるでしょう。

 

私の場合は、最初に仕事場で誘われて行きました。
そのときはそこそこ釣れたので、釣友と2人でまた行ったのです。
2人とも、浮き釣りは防波堤などで結構釣っていましたから、たかが海上釣堀と舐めていたんですね。
6時間、いろいろとするのですが、当たりがない、当たりがあっても乗らないという散々の結果だったんです。

 

鯛竿釣堀の係りの人にいろいろと聞いて、仕掛け、棚、エサ、エサのつけ方、誘いを試したのに、ベテランさんは釣れているのに、なぜわれわれは釣れなかったのか、、、、

 

悩みましたよ。

 

それから、2人で更に2回ほど出かけたでしょうか、少し釣れる様になったのに、爆釣とはならないんですね。

 

季節もだんだんと寒くなってきて、これからは釣果がだんだんと悪くなるという話しでした。

 

そんな時、見つけたDVD 海上釣堀での釣り方

 

寒いときのエサの種類がわからなかったのと、時間があったので、参考程度にと軽い気持ちで買ったんですね。

 

そしたら、1点だけですけど目から鱗が落ちた感じ。

 

 畑の作り方 です。

 

初心者の方には、すべての内容がためになると思いますが、私はこれだけでめっちゃ感動。

 

釣友にも、このDVDを貸し出し、条件的に一番厳しい1月末に、2人でこれを試しに行きました。

 

そしたら、 なんと、2人で鯛を50尾以上釣り上げたんです。。。。。

 

これは、釣堀でもみんなびっくりしていましたね。。。

 

ですから、今でも初めて一緒に行く方には、このDVDを丁寧に見るように勧めています。 一度で全部わかるものではありませんが、繰り返し見ていけば、そのときの技量によって得るものがあるという素晴らしいDVDですね。

 

今も、その釣堀からは「名人釣り大会」の招待が来てますし、年に1,2回は海上釣堀にも出かけています。

 

 


海上釣堀での釣り方





海上釣堀での釣り方
© 2016 海上釣堀 釣り方 rss