Kan個人について

雲に関連して、霧(きり)、靄(もや)、霞(かすみ)などという言葉を思い出しました。

調べてみると霞(かすみ)というのは、気象用語ではなく文学的な表現のようですね。

霞と霧も、日本の俳句では、霞(かすみ)が春、霧(きり)が秋の季語とされているということです。

霧(きり)と靄(もや)は同じ現象を指すもので、もの見える範囲(視程)で区別するそうです。

靄の方が少し薄い状態で視程が1㎞以上10㎞未満、日常的に使う「もやがかかった状態」を表していますね。

霧は視程が1㎞未満の場合で、特に視界が悪いと濃霧というような言葉を使います。

雲も霧も発生の仕組みは同じで、その違いはこの問題文にも示されていますね。

地面と接しているかいないかが雲と霧の違いだそうです。

雲は上昇気流によって空気が上昇し、気温が低下することで空中に現れます。

一方で霧は、朝方放射冷却により地面付近の空気が冷やされて発生したり、冷たい空気が流れてくることにより、空気が冷やされて発生します。

霧も発生する場所、発生要因によりいろいろな名前がついていますね。

放射霧、移流霧、蒸気霧、前線霧、上昇霧、氷霧、などなどです。

タイトルとURLをコピーしました